\ お申込みはこちらから /

個別相談へ申し込む

こんなお悩みありませんか?

安く提供しすぎて、経費や学び代を引いたら利益が全然ない

忙しすぎて自分のやりたいことや家族との時間、睡眠時間を削っている

単価を上げたら、誰からも買ってもらえなくなりそうで怖い

「高単価で売って法律トラブルになったらどうしよう」と怖い

知らずにうっかり法律違反していないか心配

お客様のサポートに時間がかかりすぎて、新規集客する時間がない

集客の時間は増やせない。インスタ投稿、毎日なんて無理。

そんなお悩みの原因になる

よくある勘違い」と解決方法

お伝えしますね

起業初期に「低単価 × 大人数を続けると危険!」

起業初期に

「低単価 × 大人数を続けると危険!」

あなたは、何人のモニターさんに提供しましたか?

1カ月2万円以下のモニター価格は、5人まででストップしてください! 


「え、もう5人越えちゃってる…」という方は、

このままだと低単価で疲弊する毎日から抜け出せなくなります。


そうならないように、必ず最後まで読んでくださいね。

この勘違いをしていたら売上は上がらない

この勘違いをしていたら

売上は上がらない

あなたは何のためにモニター提供をしてきましたか?

もし、「経験を積むため」に、

「最初は安くして、とにかくたくさんのモニターさんを集めなければ」と

思っているとしたら、それは大きな勘違いです。


モニター提供の目的は、

次のステップ、つまり、高単価サービスの設計・販売に活かせる「材料」を集めることなんです。


では何人ぐらいに提供すれば「材料」がそろい、高単価サービスをつくれるのでしょうか?


実は、モニター5人達成すればもう、高単価サービスはつくれます


それなのに、6人目、7人目・・・といつまでも低単価で売り続けていたら、

お客さまが増えれば増えるほど忙しいのに売上が上がらない状態になり、

気が付けばこんなことに・・・

忙しすぎてイライラしてしまい家族との関係が悪化する

睡眠を削って働き続け、身体を壊してしまう

お客様のサポートに手が回らなくなり、信用を失う

忙しすぎてサービスの質が落ちて、安くても全然売れなくなる

売上が上がらないまま、出ていく経費や学び代ばかり増えて廃業する

そんな悲しいことにならないように、 

1カ月2万円以下のモニター価格は、5人まででストップして、

今すぐ次の3ステップで売上と自由時間を増やしましょう!

1カ月2万円以下のモニター価格は、

5人まででストップして、

今すぐ次の3ステップで売上と

自由時間を増やしましょう!

高単価サービスへブラッシュアップする

高単価サービスへ

ブラッシュアップする

高単価にするのにスキルや労力を増やす必要はありません。

ましてや、斬新なアイデアなんて要りません。

5人へのモニター提供でそろった材料を使って、この3つに取り組むことで高単価でも売れるサービスをつくることができます。

① 今までの顧客分析であなたの強みポイントを明確にし、ターゲットを再設定する

② ターゲットの現実と理想の差を埋めるステップをつくる

③ ターゲットが「買わない理由がない」オファーを設計する

販売前に!

高単価サービスの法律トラブル予防をする

販売前に!

高単価サービスの

法律トラブル予防をする

「自己流」で契約書作成などの法的対応を行うのは危険です。

必ず、高単価商品を販売し始める前に、予防法務の専門家に相談しましょう。


法律トラブルは、起きてしまってから対応していたのでは遅いんです。

行政庁からの業務停止命令や多額の損害などが発生してしまってからでは、経済的に精神的にもたなくなり、廃業に追い込まれるリスクがあります。


事業を続けていく限り、トラブルを100%予防することはできませんが、トラブルが起きてしまってから、多額の弁護士費用等をかけるより、先に、予防に投資しておくことで、損失を最小限におさえましょう。


具体的には、高単価サービスの販売前に必ず次の3つの予防策に取り組む必要があります

① 「オンラインビジネスの法律違反」予防策

法的義務となっている「特定商取引法に基づく表記」と「プライバシーポリシー」を作成・表示する

② 「SNS集客の法律違反」予防策

集客・